探偵 家出調査

家出調査をする際の最も大事なポイントは家出してから1日でも早く調査を開始すること

探偵による家出調査

 

家族が家出した場合、アナタはどうしますか?

 

家族が家出した場合、当然ながら残された家族や友人はとても心配になって、数日後に警察に捜索願を出すケースが多いです。

 

しかし、警察は事件性がない家出に関しての捜査を原則行いません。

 

そのような場合に活躍するのが、探偵事務所です。

 

家出人調査は、探偵事務所が得意とする仕事のひとつです。

 

家出人を調査する場合は、家族や友人・知人からの情報や独自のノウハウを元に基本的にローラー作戦で調査することが多いです。

 

家出人が寄りそうな友人宅やホテル、ネットカフェなどの重要ポイントを絞って、一気に探していきます。

 

複数の調査員が連絡を取り合って、リアルタイムで情報を共有し、家出人を探し出します。

 

 

家出調査をする際の最も大事なポイントは家出してから1日でも早く調査を開始することです。

 

警察の統計でも家出した後の届け出が1週間以内と1週間後の時の所在確認の確率が大きく違います。

 

 

日本では、行方不明者が非常に多く、届出を出さなかった人を含めると、10万人を超えると考えられています。

 

家出人の捜索は、できるだけ早く行動を起こした方が発見率は高いです。

 

家出して日が経たないうちは、家出したものの後悔して、家に帰りたいと思っている人は少なくありません。

 

ただし、段々とそのうち家に帰ることを諦めて、別の道を歩こうとする家出人が非常に多いのです。

 

特に10代の若者の場合、発見が遅れると、犯罪に手を染める危険が高くなります。

 

また、中高年者の場合は、精神的な苦痛による自殺の可能性も考える必要があります。

 

問題を抱えた家出人には、様々な危険が伴うので、初動がとても大事なのです。

 

探偵依頼の費用と料金相場

 

家出してから調査が早いほど見つかりやすいので費用も安くなる

探偵による家出調査

 

では、具体的に家出人調査における費用とはどれくらいかかるのでしょうか。

 

家出人調査を探偵に頼む場合、費用は状況(調査の難易度)によってだいぶ変わります。

 

例えば、知人や友人を探して欲しいという依頼で事前情報がちゃんとある場合や家出してから日が浅い場合は、調査日数が少なく解決する場合が多く、安ければ10万円程度で済むことが多いです。

 

しかし、家出人調査の場合は情報が極端に少ない場合や家出から日数が経ちすぎている場合、また家出人が意図的に見つからないようにするために痕跡を消している場合がなどは、人件費も調査期間がかかりどうしても費用は高くなってしまいます。

 

調査が長引くことを考えると場合によっては50〜100万円以上はかかることもあります。

 

だからこそ、なおのこと家出調査は初動が大事なのです。

 

 

家出調査の場合、必ず複数の探偵に見積もりをとるのが常識ですが、その理由とは何でしょうか。

 

探偵に家出調査の依頼をする場合、さまざまな探偵事務所を訪ねて見積もりをとることは非常に重要になります。

 

というのも、それぞれの事務所によって料金体制が大きく異なるからです。

 

 

基本的にまず人件費が重要となります。

 

調査において一番コストがかかるのが人件費なのでこの部分が高いと一気に料金は跳ね上がることになります。

 

しかし、一見安くても追加料金が発生して他の事務所よりも割高になる例は多々あります。

 

探偵事務所において一番多いトラブルは報酬に関するものなので仕組みをよくわかっていない初心者の場合は諸経費が料金に含まれていて追加料金がかからないところがおすすめです。

 

探偵依頼の費用と料金相場