探偵業業務適正化法

探偵業業務適正化法によって大きく悪徳業者は減った

探偵へ相談

参照:探偵業の適正化に伴う法律-警視庁HPより

 

【探偵業業務適正化法とは】

 

探偵業業務適正化法とは、個人の利益を保護するために必要な規制を定め、探偵業の適正な運営を図る法律を言います。

 

この法律が施行される前の探偵業では、違法行為による調査や調査対象への恐喝など、適正とは言いがたい営業活動をする業者が多くいました。

 

さらに業務内容が曖昧だったこともあって、依頼者との間でトラブルが多発することを背景に、探偵業の業務の適正化を図る目的で平成18年に制定されました。

 

実際にこの探偵業業務適正化法が施行される前後では、大きく悪質な探偵事務所が減ったと言われています。

 

 

【探偵業業務適正化法の特徴】

 

この探偵業業務適正化法の特徴は、探偵業務を明確に定めたこと、届出制により業務につき指導監督ができるようにしたこと、そして重要事項の説明をすることがあげられます。

 

業務内容は、依頼を受けて調査対象の行動などの情報を収集することを目的とした面接や聞き込み、尾行、張り込みなどの実地調査を行って、依頼者に報告する業務とされています。

 

 

また、届出制によって指導監督が可能になり、この法律の目的である依頼者と調査対象者の利益を保護することが可能となりました。

 

そして重要事項の説明は、その契約内容を予め説明することで、依頼者との間に起こるトラブルを回避することができ、こちらも依頼者と調査対象者の利益を保護することに繋がっています。

 

 

ですので、事前の探偵との面談の際には重要事項の説明などがない場合、契約書の取り交わしなどがない場合はかなり危険な探偵事務所である可能性が高いです。

 

事前に口コミなど使って探偵業者を絞り、実際に自分で数社回って話を聞いてみることが悪徳業者を避ける唯一の手段でしょう。

 

探偵依頼の費用と料金相場

 

浮気の証拠を探偵が掴み、弁護士が離婚を有利にするめる形がベスト

探偵へ相談

 

男女を問わず、ひとりで悩みを抱えている人は多いです。しかし、ひとりで悩んでいても問題は解決しません。

 

離婚問題は、探偵や弁護士に相談することで、早期に解決できるケースも多いです。

 

離婚を決めるには、大きなエネルギーが必要です。

 

相手の浮気が原因で離婚することになった場合、浮気の証拠があれば裁判になっても有利に戦うことができます。裁判で有利に戦うためには、証拠が必要となります。

 

その証拠を得るために活躍するのが、探偵なのです。

 

 

探偵事務所には様々なサービスがあります。

 

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、経験豊富なスタッフが調査を行い、決定的な浮気の証拠をつかみます。

 

浮気の証拠があれば、配偶者や不倫相手に慰謝料を請求することもできます。

 

 

探偵事務所の中には、必要であれば調査が終わった後に弁護士を紹介してくれる事務所もあります。

 

浮気の証拠が揃っていて、優秀な弁護士のサポートがあれば、離婚調停から裁判に進んでも、配偶者より有利な立場に立てます。

 

離婚問題は、とてもプライベートな問題なので、相談するのを躊躇している人が少なくありません。

 

しかし、相談を受けるスタッフは経験が豊富なので、安心して話すことができます。

 

探偵依頼の費用と料金相場