探偵 違法

探偵が行う調査は合法。ただし、違法行為をする探偵も少なからず存在する

探偵の行う調査

 

探偵が行う調査に対しては違法ではないのかという疑問が持たれることも少なくありません。

 

しかしこれについては基本的には合法的でありますが、時折違法とされる調査も請け負っている探偵がいるというのが端的な答えになります。

 

まずそもそも合法な調査とは何かというと、これには尾行や聞き込み、張り込みといったものが挙げられます。

 

いずれも調査対象に対して危害を加えているわけではありませんし、そこでプライバシーの侵害になるようなこともありません。

 

その結果たとえ誰かの利益が侵害される、例えば浮気がバレて離婚に至ったなどのことがあったとしても、調査自体は法律で許可されている以上は合法であると言えるわけです。

 

では逆に違法な調査とは何かというと、これは家宅侵入やプライバシーの侵害といったことが挙げられます。

 

例えば調査対象のことを調べるために勝手に家に忍び込んで情報を漁ってくるというのはれっきとした犯罪ですし、調査対象の車にGPSや盗聴器をしかけると言うのも犯罪になりかねません。

 

また案外忘れられがちですが、ロックがかかっている携帯電話のロックをツールなどで解除してメールをチェックするというのも信書開封剤に該当しますから禁じられている調査だということになります。

 

こうした法律によって認められていない調査を行う探偵というのはゼロではありません。

 

しかしそうした調査をする探偵など信用できたものではありませんから、くれぐれも依頼しないようにしましょう。

 

信用できる探偵はプライバシー侵害にあたる調査は断る

探偵の行う調査

 

探偵の調査は誰かが秘密にしていることを依頼に応じて暴くというものです。

 

不倫調査は不倫関係という秘密を暴きだすことですし、素行調査にしても本人が伝えたくないと思った事実を調べ上げることが目的になります。

 

さて、しかしこうした調査は見方によってはプライバシーの侵害ではないかとも見えるでしょうし、それならば逆に訴えられる可能性もあるのではと感じることでしょう。

 

しかしこれについて言うのであれば、信用できるプロの探偵はプライバシーの侵害にあたることをしないのです。

 

例えばよくイメージされるのが調査対象にGPSを付けて追跡したり、盗聴器を仕掛けて話していることを盗み聞きしたりと言ったことでしょう。

 

依頼人が所有する車や住宅にそうしたものを取り付けるというのは合意の上であるために問題は無いのですが、調査対象に対して勝手にそうしたものを取り付ける加工をするとなるとプライバシーの侵害や器物損壊罪に該当する可能性が出てくるでしょう。

 

またロックのかかっている携帯電話を解除して勝手にメールを見る、メールやSNSなどのアカウントのパスワードを解析して勝手に情報を閲覧するというのも、当然できません。

 

そしてそうした出来ないことに対して探偵は「それは出来ません」ときっぱり答え、別の合法な手段によって調査をするのです。

 

探偵にとって調査と法律によって違法とされる行為の境界線を知ることは基礎中の基礎ですから、法律を守るプロの探偵にだけ依頼をするように心がけましょう。

 

探偵依頼の費用と料金相場