探偵 GPS調査

自分でも出来るGPSによる浮気調査

探偵による浮気調査とは

 

探偵もよく使うGPS調査の特徴とはどういったものでしょうか?

 

浮気をしているかどうか調べる方法というのは、色々なものがありますが、その中の一つが、GPSを使った調査で、探偵会社も使う方法です。

 

これは、車両に端末を忍び込ませて行う調査で、対象となる人物の位置情報を、パソコンの画面やスマートフォンの画面で確認することができるのです。

 

つまり、どこに出かけたかがわかることになり、浮気調査の時などに使用することができるわけです。

 

浮気の疑いがあるパートナーが、友達の家に遊びに行くと言って出掛けたとしても、位置情報を確認した時に、普通に生活していては、まず行かないであろうタイプのホテルにいることがわかれば、浮気をしていることが濃厚だと言えるでしょう。

 

GPSを使った浮気調査の細かなポイントについてです。

 

このように、GPSによる追跡を行うことで、現在地を確認することができますから、浮気調査に使えるわけですが、細かなポイントというのは知っておいた方が良いものです。

 

例えば、もしホテルにいることがわかっても、位置情報の確認ですから、誰と一緒に居たかまではわかりません。

 

また、浮気相手と会ってどこかへ行く時に、ずっと車を使うとは限らず、駐車場にとめて、そこからは別の動き方をすることも考えられます。

 

ですから、確かな証拠をつかめないわけです。

 

とは言え、不自然な行動をしていることがわかり、探偵に依頼して確実な証拠をつかんでもらうこともできるものです。

 

探偵依頼の費用と料金相場

 

自分でやる浮気調査はストーカー規制法や住居侵入など法律に触れることもあるので注意が必要

探偵による浮気調査とは

 

自分でGPSを使った浮気調査で注意する点は、ストーカー規制法に触れてしまう可能性があるということです。

 

近年ではGPS機器を自分で購入しやすくなっていますが、それを他人の動きを調べるために使うのはやめておきましょう。

 

恋人が浮気をしている可能性があるからといって、無闇に恋人の動きを調査してしまうと、法律に触れてしまう可能性があります。

 

自動車に機器を取り付ける事によって、どこまで車を走らせているのかデータを取得すると、プライバシーの侵害やストーカー規制に触れてしまう事が多いです。

 

車の一部を改造してでも機器を取り付けようとすると、器物損害として訴えられる可能性もあるので注意をしてください。

 

また、当然ですが敷地内への侵入も違法行為にあたります。

 

恋人が住んでいる家まで自分で侵入して、GPSを取り付けるという浮気調査の方法を選んでいる人も中にはいます。

 

それは住宅侵入の罪になってしまいますし、不法に入手した浮気の証拠は裁判に使えないという事を覚えておいてください。

 

他人の動きを強引に調べるためにGPSを使うと、結局困るのは自分の方だと考えなければいけません。

 

警察が機器を取り付けた犯人を特定するのは難しいですが、犯罪行為がバレてしまった時のリスクはとても大きいので注意が必要です。

 

いずれにしろ個人でやる浮気調査には何かと違法行為にあたることが多いのが事実です。

 

確実に浮気調査を行って、決定的な証拠を掴みたい場合は探偵や興信所へ依頼することです。

 

自分でやる浮気調査は法に触れない程度で、相手の行動パターンを掴む程度にしておきましょう。

 

探偵依頼の費用と料金相場