探偵 企業実態調査

会社の財務状況以外にも経営者や役員の素性もおおまかに知ることができる

探偵の企業実態調査依頼

 

企業実態調査とは、これから就職または転職する企業の経営状態、実績などを調べる調査です。

 

その会社の正式名称・所在地・代表者名・資本金などは、その会社のホームページで調べることもできますが、財務状況を把握するには決算書などを確認する必要があります。

 

その会社の決算期ごとの売上げ高や過去の業績などを分析することによって、将来の経営の見通しの判断材料となるでしょう。

 

また、会社の代表者の経歴にはじまり、日頃の素行や人柄などもわかります。

 

経営者が所有している土地や建物などの不動産を特定し、その所有者や抵当権の有無などをチェックできます。

 

取引のある銀行を特定することもできますから、金融機関の借入額や担保となっている家屋などを調べられます。

 

住宅ローンや自動車ローンなどの借金についても判明します。

 

経営者以外に、役員や株主などの素性を調べることも可能です。

 

探偵事務所は、その企業が倒産した場合のリスクについてよく考えて、求職者に必要な情報を提供します。

 

これらはすべて、仕事が忙しいサラリーマンに代わって探偵が調査します。

 

どこまで調べるかで調査料が違ってきますが、予算に合わせて「企業実態調査報告書」を提出してもらうことができるでしょう。

 

探偵依頼の費用と料金相場

 

企業実態調査の費用は他の調査よりも費用相場がない

探偵の企業実態調査依頼

 

企業実態調査にかかる費用の相場は探偵社や興信所によって様々です

 

探偵に企業実態調査を依頼した時にかかる代金は、調査内容によってさまざまなものがあるために一概にいうことができず、多くの探偵事務所でも5万円から依頼を請け負います、というような金額の表示の仕方をしています。

 

これは企業実態調査が多種多様な方法によって行われ、目的によって調査方法が大きく変わるということが理由です。

 

たとえば、企業の信用調査をする場合でも、企業の財務状況や取引先、取締役の素行など調べることが多くあり、場合によって有効な調査方法が異なってくるためです。

 

複数見積りによって、調査費用の相場を知れるというメリットがあります

 

お金を使って他人に何かを依頼するときには、できるだけお金をかけずにしてもらいたいものですが、そんな時には複数の会社から見積もりをもらって調査の相場を知るのが一番です。

 

これは探偵事務所や興信所にも同じことが言え、複数見積もりによってもっともお得な事務所を探すことができます。

 

それは同時に調査費用の相場を知ることにもなり、あまりにも安すぎるというところは、サービスや個人情報の保護の点で対応がお粗末な事務所の可能性を疑うことができます。

 

このように複数見積もりを行うことでトラブルを回避することもできるので、探偵に依頼するときには複数見積もりが良いです。

 

探偵依頼の費用と料金相場