探偵 尾行

複数人でバイクなども含めた尾行は素人では無理

探偵の尾行

 

探偵が徒歩や車両で尾行する際のテクニックとして最も重要なのは「相手に意識されない」ことです。

 

そもそも尾行という方法を成功させるには相手が探偵側の顔を知らないことが前提になります。

 

もし顔を覚えられてしまえばいずれ「またあの人が付いてきている」と感じられてしまい、最悪の場合調査そのものが失敗してしまうことになるでしょう。

 

そのため相手に意識されないよう、歩いている時は足元を見続けて顔を合わせない、相手が足を止めて周りを見回している時は自分も立ち止まり、それが怪しまれるきっかけになりそうならば敢えて通り過ぎて別の探偵にバトンタッチするといった複数人で尾行することが基本テクニックとなります。

 

しかしこうしたテクニックが使えるのは徒歩の場合のみですので、当然、探偵は事前の調査で必要とあれば車両やバイクを同時に用意しています。

 

車両の場合は熟練の探偵でも見失うことがある極めて難しい調査になると言って良いでしょう。

 

というのも車両の場合、道路を走っているのは自分たちだけでは無いからです。

 

もちろん徒歩でも他の人がいることは多々ありますが、徒歩の場合は邪魔な人を避けてターゲットを追跡することができます。

 

しかし車両の場合、ターゲットとの間に別の車が割り込んできたとしても体当たりをしてどかせるわけにはいきません。

 

加えて車には間違いなくバックミラー、サイドミラーがあり、ターゲットは首を動かさずとも尾行車両を見つけられるのです。

 

一応テクニックとして車間距離を100〜150メートル程度にしてなるべく離れられないようにする、車をなるべく相手の視界から外すといったこともあるのですが、やはりプロの探偵でなくてはどれも実現は難しいでしょう。

 

複数で尾行する探偵に気づくのは困難

探偵の尾行

 

尾行は探偵が最もよく使う調査の方法であり、これができない探偵というのはまずいないと思って差し支えありません。

 

腕の良い人ほど相手に気づかれずに後ろについて情報を収集することができるわけですから、「探偵に尾行されていることにすぐ気づくことはできるのか」というのは、その調査に当たる人がよほど下手でも無い限り無理だと言って良いのです。

 

ただ見抜く方法が無いのかと言われるとそうでもなく、まず探偵に尾行されているかどうかをチェックするテクニックとして押さえておきたいのが「自分と同じペースで同じルートを通る人がいるかどうか」です。

 

例えば普段A駅で下りている人がいきなりB駅で下りた場合、少し慌てた様子でB駅で下りる人が出て来たのなら少々怪しいと言えるでしょう。

 

そこから人通りの少ない道に入って少し走ってみて、曲がり角を曲がったところで待ってみて、やはり慌てた様子で追ってくる人がいればかなり怪しいと感じて良いです。
また普段は行かないカフェに入って奥まった席に案内してもらってついてくる人がいるかどうかなどのような判断方法も使えますが、ただ探偵が複数人でグループになって追跡してくる場合はその全員を見抜かなくてはならないため、よほど自分がつけられているという確信が無い限り見抜くのは困難です。

 

もし振り切るのであれば人ごみに紛れて移動してこっそりと別の道に移動するなどがありますが、それでも複数人がグループとなっているのならばすぐに見つかってしまいますから、かなり難しいと言って良いでしょう。